2014年09月17日

vol.438 日本の慣用句、英語の慣用句


以下の例にならい、語りかけに答えて下さい。


問題:
Is there any saying that you like?  好きな慣用句はありますか?




例答:
Yes, there is a saying that I like.  はい、好きな慣用句があります。
I like a saying which says "Time is money."  「時は金なり」という慣用句が好きです。




ヒント、解説はコチラ

「saying=慣用句・ことわざ」 ということですね。  あと、proverbやquoteなんて言い方もします。

しかし、英語では、日本語ほどは慣用句は多くありません。 というより、 慣用句はあったとしても、そんなに使いません。



それには、理由があります。 英語の慣用句の殆どは、外国語からの借り物だからです。

英語という言語が若いので、ヨーロッパ言語や中国語、そしてユダヤの格言等から借りてくるしかないのですね。  外国語からきているので、あまり使わない、またはあまり知らないわけです。

"When in Rome, do as the Romans."(ローマでは、ローマ人のように振舞え。)…イタリア語起源
"Killing two birds with one stone."(一石二鳥)…中国語起源
"Time is money."(時は金なり)…中国語起源



「英語ならでは」の慣用句の大半は

"Practice makes perfect."(練習で完璧になる。)
"There's no time like the present."(やるなら今しかない。)

と、何のヒネリもありません。



でも、たまにこんな「英語ならでは」のものもあります。

All work and no play makes Jack a dull boy.(頑張ってばかりで、遊ばないジャックは、ダメな子になる。)
A leopard can't change his spots.(豹は自分の斑点を変えることはできない。=物事の本質を変えることはできない。)…聖書:エレミア書13章23(Bible : Jeremiah 13:23)



上記からも、慣用句を語るときは、あえて、日本の慣用句をそのまま使うと面白いですね。

例えば、日本語には「二階から目薬」という慣用句がありますが、英語にはそれに当たるような「気の利いた」慣用句はありません。 強いて言えば、

That's a totally inefficient.(それは完全に非効率的だ。)  とでも言えるでしょう。



よって、こんなときは、

A : That's like applying the eyedrops from the second floor!  それって、まさに「二階から目薬」だね!

B : What does that mean?  どういう意味?

A : Oh, this is a Japanese saying. One person goes upstairs and has to target the eyes of the other person, which means it takes two people, one has to go through trouble going somewhere else, and do something difficult even though it's a job of one person. あぁ、これは日本の慣用句なんだよ。 一人が上に行って、もう一人の目を狙わなくてはならない。 ってことは、1人でできる仕事を、2人がかりで、一人はわざわざ別の場所に行って、難しいことをやらなきゃいけない、ってことなんだ。

B : I see... I guess the saying means doing something totally inefficient. ふーん… ってことは、完全に非効率なことをやってる、ってことかな。

A : That's right!  その通り!

こうして、日本風の慣用句を使うと、会話も弾む、ということですね。



この「二階から目薬」を、今回の答え方に簡略化して当てはめてみると、

I like a saying which says "the eyedrops from the second floor",  
「二階から目薬」という慣用句が好きです。

that means one person goes upstairs and has to apply the eyedrops on the other person.
これは、一人が上に行って、もう一人に目薬をささなくちゃならない。

So, this saying means doing something totally inefficient.
つまり、完全に非効率なことをやる、という意味ですね。



慣用句について、類似したページがあるので、ご参照ください。
http://everydayhomework.seesaa.net/article/389870749.html

【格安宿泊】東京・大阪の都会での宿泊から、田舎での宿泊まで



英会話のスプラウト |
検索