2014年11月19日

vol.491 youの2つの意味「あなた」と「一般論」


以下の例にならい、2人分のやりとりを書いて下さい。


例題:
How do you call the machine to cook rice? ご飯を炊く機械を何と呼びますか?
You call the machine "rice cooker". その機械は、炊飯器と呼びます。




ヒント、解説はコチラ

辞書をご覧になると、 you には「あなた」「君」「あなた達」「君達」のあとには、 「人は」  「だれでも」  「一般に」  という意味が書いてあると、とおもいます。

つまり、you には 「あなた」「君」 以外にも、 「一般的な人」 という使い方もあるわけです。  



「How do you call ? 何と呼びますか?」 は  別に「『あなた』が何と言うか?」  を訊いているわけではなく、一般論、つまり、誰もがどういう風にいうのか、を訊いています。

このように、この質問は 一般論としての   you   を使って訊いています。 よって、答えるときも  I  ではなく、  you  を使っているわけです。

you   というのは、こうした、2つの使い方があるのですね!




英会話のスプラウト |
検索