2015年02月19日

【Kei式-漫才英会話】vol.587 「サービス」は英語で「on the house」

以下の日本人漫才師の英訳をご覧になり、いずれかの単語やフレーズを使って、文を一つ作ってみてください。


「こきざみインディアン(オリジン所属)」 の漫才:

A : 早く、焼きそば作れよ!

B : よぉし、俺はお前のことが気に入った。 俺は、今からできる焼きそばに焼き鳥を5本載っけて、お前に渡す。 お前は、俺に焼き鳥代も払う。

A : サービスじゃないのかよ?!

Just hurry up and make my pan-fried noodles!
Alright, I like you already. Now I'm going to put 5 sticks of grilled chicken on the fried noodles and hand them to you. And you, you pay for the grilled chicken, too.
Isn't this supposed to be on the house?!




ヒント、解説はコチラ

これは、沖縄の漫才師「こきざみインディアン」さんの作品からの抜粋です。
https://www.youtube.com/watch?v=s04-QqCcaC4

注目すべき単語やフレーズがいくつかありますね:

早く〜しろ = hurry up and...

焼きそば = (pan-)fried noodles

お前のことが気に入った = I like you already

焼き鳥5本 = 5 sticks of grilled chicken

渡す=hand

払う=pay

〜なはずじゃないの? = Isn't...supposed to be?



ここでは、オチ(punchline)の部分である 「サービス = on the house」 に注目しましょう。

「サービス」つまり「店からのおごり」は英語で、「 on the house」ということですね。

元々は英語の service から来ていることは間違いないのでしょうが、

英語での service は「仕事」というニュアンスであり、「無料」「タダ」というニュアンスはありません。



しかし、日本人なら、「サービスしてよー」とか「これ、サービスなの?」とおっしゃりたくなる時もあるでしょう。

そんな時は、英語でどうおっしゃるべきか、の用例を以下に挙げます。



用例:
「サービスしてよー(これ位ただで下さいよ)」= Can't I have this for free?
 ・サービス=for free

「これ、サービスなの?」=Is this free of charge(complimentary/on the house)?
 ・サービス=free of charge/complimentary/on the house

「アフターサービスがございます。」=We have the after-sales-service.
 ・アフターサービス=after-sales-service(無料とは限らない。無料の場合、free after-sales-service)

「サービス悪いねぇ。」=You don't know how to serve people.

「サービスレベルが高い(低い)。」=The level of the service is high(low).

「サービス業に従事してます。」=I work in the service industry.

このように、日本人にとっても「サービスは無料とは限らない」ので、全てケースバイケースなのですね。



では、上記のいずれかの単語やフレーズを使って、文を一つ作ってみてください。





英会話のスプラウト |

2015年01月19日

【英訳し笑わせる】vol.577 「どうでも良いよ」 は英語で Who cares

以下の例にならい、以下のいずれかの単語やフレーズを使って、文を一つ作ってみてください。


「ノーブレーキ(オリジン所属) 漫才「桜の樹」:

ワシントンの父 : 浮かない顔にもなるだろう。 私が大事にしている桜の樹の枝が誰かに折られているんだよ。

ワシントン   : オーマイガッ! お父さん、例えばの話だけど、ここに犯人が正直に現れたとするよ。 許してあげれる?

ワシントンの父 : そんなもん、ボコボコにするだろ。

ワシントン   : 正直に現れてきたのにだよ。

ワシントンの父 : 正直とか関係ないだろ。 周りが引くくらいにボコボコにするよ。

You bet I don't look happy. Somebody broke a branch of the Cherry tree that I was taking good care of.
Oh, my god! Dad, this is just hypothetical, if the suspect turns himself in honestly... Would you forgive him?
Of course, I would beat the heaven out of him!
Even if he was being honest about it?
Who cares if he is honest. I would beat him up until other people freeze.



ヒント、解説はコチラ

これは、沖縄の漫才師「ノーブレーキ」の作品からの抜粋です。
https://www.youtube.com/watch?v=apF3d355Ibg



注目すべき単語やフレーズがたくさんありますね:

 ・大事にしている=I am taking good care of

 ・容疑者=suspect(日本語の平意では「犯人」と訳することもあります)

 ・...にもなるだろう=You bet...

 ・名乗り出る/出頭する=turn ...self in

 ・例えばの話=hypothetical(形容詞)

 ・殴打する/ボコボコにする=beat the heaven out of/beat up

 ・...とか関係ない=Who cares ...

 ・ひく、恐れる、たじろぐ=freeze(凍りつく), shrink back(縮こまる), flinch(たじろぐ), get scared(恐れる)



ここでは、オチ(punchline)の部分である 「Who cares if he is honest.(正直とか関係ないだろ。)」 に注目しましょう。

「Who cares」を直訳すると、「誰が気にするんだ?」ということですね。 ニュアンスとしては、「誰が気にするんだ? 誰も気にしないだろ!」 となります。

これが転じて、 「どうでも良い!」 とか 「関係ないよ!」 というニュアンスになったのです。



用例:
Who cares what they think about you. You go your way! 彼らがどう思おうと関係ないだろ。 自分のやり方で行け!

They say I haven't called? Who cares...! 僕が電話してないって? どうでも良いよ...!



ちなみに、上記の bet の語源や他の用法はコチラです。

http://everydayhomework.seesaa.net/article/412082711.html



では、上記のいずれかの単語やフレーズを使って、文を一つ作ってみてください。




英会話のスプラウト |

【英訳し笑わせる】vol.567 「...ですら」は英語で even

以下のいずれかの単語やフレーズを使って、文を一つ作ってみてください。


「こきざみインディアン(オリジン所属)」 の漫才:

A : 俺達、イギリス人凄いんだよ。 チャールズ皇太子知ってるか?

B : 知ってるよ。

A : デービッドベッカム知ってるか?

B : 知ってるよ。

A : 俺、知ってるか?

B : 知らんよ。

A : 俺の地元でも知ってる人いないよ。 家族も忘れてるよ。

We, British people are awesome. Do you know who Prince Charles is?
I know who he is.
How about David Beckham?
I know.
Do you know me?
No, I don't.
Even in my hometown, nobody knows me. Even my family forgot about me.



ヒント、解説はコチラ

これは、沖縄の漫才師「こきざみインディアン」さんの作品からの抜粋です。
https://www.youtube.com/watch?v=yzBQG7q_nOs

注目すべき単語やフレーズがいくつかありますね:

 ・すごい=awesome
 ・...ですら=even...
 ・誰も知らない=nobody knows me



ここでは、オチ(punchline)の部分である 「even(...ですら)」 に注目しましょう。

用例:
Even pro-wrestlers can't break this. プロレスラーでもこれは壊せないよ。(名詞の前に even)
I'm Japanese, and I can't even understand him. 僕は日本人だけど、僕でも解らないよ! (動詞の前にeven)
Even in the US, some people don't eat hamburgers. アメリカででも、ハンバーガーを食べない人はいるよ。 (前置詞の前にeven)

このように、 「...ですら」 というニュアンスさえあれば、 evenはどこにでも入り得るのですね。

ちなみに、evenの語源や他の用法はコチラです。

http://everydayhomework.seesaa.net/article/412530793.html



では、上記のいずれかの単語やフレーズを使って、文を一つ作ってみてください。





英会話のスプラウト |

【英訳し笑わせる】vol.557 「リピーター」は英語で regular customers

以下の例にならい、 customers等 の単語を使って、文を作ってみて下さい。


サンドウィッチマンの漫才:

結婚式場での会話です。

社員 : 是非、ウチに任せてください。 素晴しい結婚式にしますんで。

お客 : ホントに?!

社員 : はい、ウチで式挙げた人達の殆どがリピーターになってますんで。

お客 : じゃ、ダメじゃねぇか。

You can count on us. We will make your wedding a wonderful one.
Is that so?
Sure, most of those who had weddings with us became regular customers.
Well, that doesn't sound good.




ヒント、解説はコチラ

これは、サンドウィッチマンの東京のデビュー作だそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=jHUvjk1zhOI

リピーター(repeater)を、そのまま英語で言ってしまうと、単に「(何かを)繰り返す人」ということです。 よって、お店に来る人をことを指すことはあまりありません。

「常連客」 とおっしゃりたい時は、 repeat guest ということもできますが、 regular customer のほうがツブシが利いて一般的なので、regular customerのほうで覚えてください。

用例:
Our business totally depends on our regular customers... 我々のビジネスは、完全に常連客に頼っているな…

He is the regular customer to our shop. あの人は、うちの常連さんです。



ちなみに、

「たまにしか来ない客」 は、そのまま 「customers who come only sometimes」 
用例:
You should treat the customers who come only sometimes well. たまにしか来ないお客様を大事にしなきゃね。



「一見の客」は、そのまま 「first-time customer」
用例:
Sorry, the first-time customers can't receive our service. すいません、ウチは一見さんお断りなんですよ。



「クレーマー」は、 「Mr. Complainer」(女ならMs.)
用例:
My job from today is to deal with Mr. Complainers. 今日から俺の仕事、クレーマーに応えるやつだよ。



「手に負えない客」は、 「unruly customer」
用例:
We stick with the class, so we don't deal with any unruly customers. 我々は品格にこだわってますから、手に負えないような客の相手はしないんですよ。



「上客」は、 そのまま「good customer」 となります。



では、上記のいずれかの単語やフレーズを使って、文を一つ作ってみてください。




英会話のスプラウト |

2015年01月10日

【英訳し笑わせる】vol.547「〜でしょ!」は英語で「I bet」

以下のフレーズや単語を使って、文を作ってみて下さい。


パンクブーブーの漫才:

隣人が騒音で文句を言いにきたときです。

A: あのね、人間が生活してるんですよ。 物音を立てずに暮らすなんて100%無理!

B: 例え100%無理でも、残りの1%に賭けて…

A: 1%も残ってません!

Look, there is a human being living here. Living without making a noise is 100% impossible!
Even if 100% impossible, you can still bet on the 1% left...
There is not even 1% left!




ヒント、解説はコチラ

これは、パンクブーブーのM1のネタです。
https://www.youtube.com/watch?v=kISPUK6Pq_M



オチの部分である、

「例え100%無理でも、残りの1%にかけて… Even if 100% impossible, you can still bet on the 1% left...」 の

bet on に注目しましょう。

「賭ける」を 英語で 「bet」 というのですね。



確かに、 「bet」 は、 基本的には 「賭ける」 という意味ですが、 「賭ける」 が転じて、 「〜でしょ?!」 「正しい」 とか 「間違いない」 という意味でも使います。



用例:
You bet! その通り!

You can bet on that! 君が考えてる通りだよ。/その通り!

I bet you didn't know you were going to receive a gift. 贈り物もらえるなんて、思いもしなかったでしょ?



会話での使用例:

Is the answer A? 答えはAですか?
You bet! その通り!

So this will not happen again? じゃ、もうこんな事は起きないのよね?
You can bet on that! その通り!

I didn't know Santa was going to come! サンタが来るなんて思いもしなかったよ!
I bet you didn't know you were going to receive a gift! 贈り物もらえるなんて、思いもしなかったでしょ!



気になるフレーズ等:
human being 人間
not even 1% left 1%も残ってない



それでは、以上のフレーズや単語を使って、文を作ってみて下さい。




英会話のスプラウト |
検索